えっ!?えぇ!?

みなさんこんにちは2018年も残す所あと僅かとなりました

今年のブログもおそらくこれが最後になると思います

 

年末や12月と関係無い内容になっていますがしばしお付き合いくださいませ

 

 

 

 

 

そうあれは一ヶ月ほど前11月下旬の17時をまわった頃でしょうか・・・

 

ユキヒロはカットのお客様の準備で受付にカルテを取りにいくと

 

外で人影が・・・

 

こっちに向かって駆け寄ってきました

 

ん?と思ってそちらを見ていると

その人影がお店の入り口付近にまでやってきて・・・

 

このような画用紙をユキヒロにむけて掲げてきます

 

全く意味が分からずその人物を凝視していると

 

カ・カバです、いや正確にはカバのマスクをかぶった人間でした

 

とつぜんの行為にユキヒロ少しパニック気味に

 

そっとゼスチャーでバッテンをだしその場を切り抜けようとします

 

すると!

 

シェービングお願い!と食い下がってきましたが

 

Rossoは美容室シェービングなどできるわけもなく

 

ふたたび

 

これで対応、するとその人物はあきらめたようにさっていきました

 

あれはなんなのでしょう?このあたり近くに大学があるのでそこの学生がいたずらでやったことなのか

 

それとも今流行のToutuberかなにかが動画でも撮っていたのか・・・

 

そんなことを考えながらカットのお客様を仕上げ

お客様をお見送りした後・・・

 

なにやら気配が・・・

 

その気配の方向を見てみると

 

 

先ほどのカバが今度はこんな出で立ちで外に立っているではありませんか!!!

 

一度ならまだしも二度目となるとなんらかの目的でやっているとしか考えられず

 

対応の仕方を間違えるととんでもないことになる!そんな怖い考えがユキヒロの頭のなかをよぎります

 

さっきはカットでしたがどうやら今度はストレートパーマをご所望のようです

 

大仏さんクリクリのパーマ頭ですからサラサラのストレートにしたいのでしょう

 

ここは相手の気持ちを逆撫でしないようになんとか穏便に済ませたい所

 

最高の笑顔で迎え撃つとしましょう

 

ダメですどうしても引きつってしまいます・・・

 

しかし今できる最大限のジェスチャーはこれしか思いつきません

 

どうかこれで帰ってくれ!もう許して!と心の中で叫ぶユキヒロ

 

すると

 

わぉ!あきらめの悪いタイプ!そういえばさっきもカットの次にシェービングって書いてありましたね

 

稲川淳二氏今回は結構似たかな?

 

この瞬間ユキヒロは完全にもうダメだと思いました・・・

 

そうすると次の瞬間!

なんと!そのマスクを脱ごうとしているではありませんか!!

顔見たらヤバイ!なぜそう思ったのかわかりませんが

 

なぜか直感的にユキヒロはそう思ったのでした

 

もしかしたら知り合いかも、それかYoutuberのネタばらし

 

なにがなにやらもう意味がわかりません・・・

 

はたしてマスクを脱ぎ去った大仏の正体は!?

 

敵か!?味方か!?はたまたアカの他人なのか!?

 

そこにいたのは!!!!

 

ふ!ふじい!藤井!藤井やん!!

そこにいたのは「来ちゃいました」と照れくさそうに笑う藤井くんです!

 

みなさんご存じないでしょうが

 

彼はユキヒロの後輩で広島県に在住の藤井くん

 

彼とは実に23年ぶりの再開で

 

思い立って広島からわざわざ会いにきてくれたそうです

 

美容師の修業時代ユキヒロ達は寮に入っており

 

藤井くんとはふたり一部屋の同室で家族や兄弟のように数年間くらしていました

 

なぜ普通に登場しなかったのか?とたずねると

 

「せっかく久しぶりに会うのだからなにか爪痕を残したい」と

 

そうそう彼は昔からサプライズやなにか面白いことをするのが好きでした

 

しゃべり方や仕草もぜんぜん変わってなく23年前当時のままユキヒロの前に立っていました

 

とりあえずお店が終わるのを待ってもらって23年の空白を埋めるためにふたりで飲みに行きました

 

飲みの席での内容は割愛いたしますが23年経っても話す内容からなにから全く変わらず楽しい時間をすごすことができたと言うことだけ伝えておきます。

 

 

 

 

 

 

Rossoは年内12月24日と12月31日がお休みです

 

年末のご予約もそろそろ埋まってきていますのでご希望の日にちお時間などございましたらお早い目によろしくお願いいたします。

 

 

年始は1月5日からとさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

at 16:12, Rosso, ユキヒロのひとり言

comments(0), trackbacks(0), - -

はじまりは一本の電話から 最終話

JUGEMテーマ:同窓会

 先日このブログを途中まで書いてそのままPCの電源を切らずに帰宅し今朝続きを書こうと見てみると

 

全部消えてなくなってしまっていました・・・保存はしっかりしましょう・・・

 

かなり凹みましたがそんなことも言ってられませんので改めて書き直していきましょう

 

え〜っとどうでしたっけ?

 

はじまりは一本の電話から

 

はじまりは一本の電話から つづき

 

そうそう

 

みんなが僅かな繋がりを頼りに連絡を取り合い

 

こういう形になりましたこれで9人です

 

そして9月も後半

 

宗さんの奥さんから『橋本さんから連絡が来ません』と連絡が

 

橋本さんとはユキヒロの一つ下の後輩にあたり現在は主婦として大阪で暮らしているとのことです

 

まぁみんながみんな参加出来るわけでは無いと思っていましたので連絡の取れない方がいるのは仕方のないことです

 

それでも懐かしい人達が9人もいれば十分楽しめるのでユキヒロ的には満足でした

 

10月に入り熊取谷姉が飲み会のお店の予約をしてくれ、いよいよ開催の時期を待つばかりとなったころ

 

宗『島田さんとも連絡が取れます』と

 

この時点で10月10日をすぎていたような気がします

 

島田さんとは、ユキヒロの一つ上の先輩で『ベル』の寮生活においてすべての面倒をみていただいた方です

 

現在は美容師も辞め実家のある徳島県に在住しているとのことです

 

当時は寮といっても本店といわれる店舗の2階で寮長の宗さん以外は四畳半二人一部屋の相部屋で

 

プライバシーもなにもない空間で過ごさなくてはならない昭和スタイルの寮生活を送っていました(お風呂も銭湯でした)

 

ちなみに女子寮はちゃんとした大きい一軒家でお風呂も備わっていました(笑)

 

程なくしてLINEグループに島田さんも加わり当日の参加も決定

 

するとまた宗さんの奥さんから

 

宗『橋本さんから返事が来ました、当日時間の都合が合わず不参加ですが橋本さん経由で絹笠さんと連絡がつきました』

 

絹笠さんとは、ユキヒロの同期のひとりで夜間で通っていた美容学校も厳しいレッスンも共に乗り越えてきた同士のような存在です

 

その絹笠さん経由で他の同期と連絡がつながります、大和さんと津隈(つぐま)さんです

 

大和さんは少し危なっかしいところがあり美容師を続けていることに驚きましたが今は同期のユキヒロが言うのもなんですが

 

バリバリのスタイリストとしてがんばっているそうです

 

津隈さんの方は宮崎県出身で『ベル』には4年間在籍しておりその後は実家のある宮崎で過ごしているそうです

 

他の同期二人も当然久しぶりに会うのですが津隈さんに至っては実に26年ぶりの再会となります

 

今回も開催数日前に参加を決断してくれ宮崎から駆けつけてくれました!

 

こうして結果的に

 

橋本さんを除く総勢15名の同窓会が10月21日(日)に開催されました!

 

ユキヒロは杉山くんと同じホテルを取っていたため(もちろん別室です(^^;))ロビーで待ち合わせ

 

杉山くんとはたまにLINEや電話はしますがこうして会うのは実に10数年ぶり

 

久しぶりなのですがそんな感じもなく普通にしゃべります

 

そしてみんなと待ち合わせの場所に着くとすでに数人待っていました

 

さすがに10年以上会っていない人ばかりなので見た目が若干変わった人もいましたが(もちろんユキヒロも含めて)

 

それぞれ顔と名前を確認してからその場でみんな堰を切ったように近況をしゃべり出します

 

とにかくいったん落ち着いてもらって予約してあるお店に入ることに

 

席に案内されて座るやいなやさっきの続きをしゃべり始めなかなか乾杯までたどりつきません

 

とりあえずまずは乾杯しましょうと、僭越ながらユキヒロが乾杯の音頭をとらせていただき

 

ようやく落ち着いて話すことができます、なにせ皆15〜20数年ぶりの再会

 

しかもそれぞれが地元に帰っておりこうして揃って会うことなど微塵も考えたことありませんでした

 

しかし久しぶりの再会ではあるもののなんだか不思議な感覚が・・・

 

まるで昨日も普通にいっしょに仕事をしていたかのような、また明日もみんなで仕事をするような

 

それでも近況を聞くと年月は流れていて、そんな不思議な感覚を感じながらも

 

とにかく楽しくて食べるのも忘れて全員がしゃべりまくり

 

美容師として独立した者、美容師をやめ別の道を歩んでいる者、家庭に入り専業主婦をする者

 

はやくも孫が数人いる者、未だ独身で仕事に打ち込んでいる者、独身に戻った者

 

地元なまりがきつく何を言っているのかわからない者

 

今は美容師をしてはいないがいつでも出来るように家に美容室のスペースを作りいつでも開業出来るようにしている者

 

今だから言える話もあり、笑い、語り

 

尽きることなくしゃべり続くのでした

 

しかし楽しい時間はあっという間に過ぎて行き

 

きっとまたと再会を誓いお開きとなりました

 

ただ仕事場が同じだっただけで年齢も出身地も違う者同士が糸のように細いわずかな繋がりを頼りに

 

連絡を取り合いこうして再会できたことが奇跡的で最高の時間を過ごすことが出来ました

 

杉山くんからの一本の電話から始まった奇跡・・・

 

どうですか?

 

みなさんも久しぶりに懐かしい人に連絡を取ってみてはいかがですか?

 

なにか楽しいことが起こるかもしれませんよ

 

 

 

どれが誰かはあえて言わないでおきましょう(笑)想像してみて下さいね

 

 

 

 

 

rossoHP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

at 15:47, Rosso, ユキヒロのひとり言

comments(0), trackbacks(0), - -

はじまりは一本の電話から つづき

JUGEMテーマ:同窓会

さて先日の続きを書いていきましょう

 

気軽な感じで杉山くんと飲もうか、というところから少し広がりを持たせようと杉山くんが動きだします

 

杉『熊取谷姉弟なら連絡がつきます』

 

5月に始まったこの話、季節は夏を通り越し9月になっていました

 

飲み会は10月21日(日)ユキヒロも杉山くんも21日22日とお店が連休でしたので大阪に一泊してゆっくり飲もうと日にちを決めました

 

そんなある日ユキヒロのスマホに通知がLINEグループへの招待でした

 

ユ『ん?』

 

『ベル』と書かれたそのグループはユキヒロが勤めていた会社の名前

 

すぐにその『ベル』グループに参加すると

 

『お久しぶりです(^^)』

 

『熊取谷姉です』とメッセージが

 

前回も説明しましたがもう一度

 

熊取谷姉、姉弟共に美容師で今なお『ベル』に二人とも所属しており『ベル』からのれん分け形式でお店の権利を購入し

 

事実上完全に独立して各々が美容室を経営している敏腕美容師です

 

この時点での相関図です

 

4人で飲むのも悪くないなと思いながらも

 

熊取谷姉(以後熊)『私の方でも何人か連絡がつきますよ』

 

熊『川瀬夫婦とか・・・』『柳田も』

 

川瀬夫婦とは、もちろん夫婦共ベル時代での同僚で今は実家である三重県四日市で美容室を独立開業している素敵夫婦です

 

柳田さんは美容師をやめ熊取谷姉のお店にお客様として通っている今回参加の中で一番歳下のマスコット的女性です

 

そうしていると杉山くんが

 

杉『僕も自分の同期に連絡がつきます』

 

どんどん規模が大きくなってきている・・・

 

ユ『それやったら俺も愛媛の宗(むね)夫婦に連絡つくよ』

 

宗夫婦とは、旦那さんの宗さんにユキヒロがシャンプーからカットまで基本となる技術をすべて学んだ大先輩で現在は地元愛媛に在住し

 

美容業を離れて別の仕事をされているようです、奥様の方はユキヒロの一つ下の後輩でもありました

 

数年前に旦那さんの宗さんをFace bookで発見して連絡を取れるようにしてあったのです

 

こうなりました

 

もうこうなったら止まりません(笑)

 

LINEグループにて

 

ユ『参加不参加は置いといて届く範囲で連絡を取ってみよう!』

 

熊、杉、宗『OK!』

 

それからは

 

杉『同期全員連絡が取れました!』

 

熊『オーナーと他数人とは連絡取りました』

 

宗『私橋本さんには手紙を送りました』

 

橋本さんとは宗さんの奥様と同期で年賀状のやり取りは毎年あるようでした

 

杉『同期は2名青野、折橋がいけそうです!』

 

青野さんとは杉山くんと同期で現在は広島に在住しマンツーマンで施術してくれる美容室を1年前に独立開業した美魔女美容師です

 

同じく折橋さんも杉山くんと同期で大阪に在住し自宅を一部改装し隠れ家的美容室を営むほんわか美容師です

 

その頃ユキヒロはといいますと・・・もう連絡する相手がいないのでみんなに偉そうに指示だけ飛ばす鼻くそ野郎でした

 

時は9月も後半に入っていました

 

宗『橋本さんから返事が来ません・・・メアドもtel番もLINEアドレスも書いたのですが・・・』

 

つづく

 

 

 

※このブログに登場する人物以外にも連絡が取れたメンバーがたくさんいるのですがストーリー上ややこしくなるので割愛させていただいております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

at 16:58, Rosso, ユキヒロのひとり言

comments(0), trackbacks(0), - -

はじまりは一本の電話から

始まりは5月に掛かってきた一本の電話からでした

 

『お久しぶりです、杉山です』

 

そう名乗る彼はユキヒロが美容師になるために修行を積んだ一番最初のお店の同僚杉山くんでした

 

杉山(以後杉)『7月くらいに家族で和歌山に遊びに行こうと思っています』

 

杉『ユキヒロさんと会えますか?』

 

そう杉山くんは現在岡山県津山市に在住しておりそこで実家の美容室を継いでがんばっているナイスガイです

 

彼とはLINEや電話でたまにやり取りをしていて今でも少なからずの交流があったのです

 

ユキヒロ(以後ユ)『7月はちょっと無理かも』

 

こちらとのタイミングが合わず7月再開は叶いませんでした・・・

 

ユ『でも久しぶりやし一回会いたいな〜』

 

杉『いいですね』

 

などとやり取りをして日取りを決め直し大阪でお酒でも飲みながら二人で会おうかということになりました

 

それから2ヶ月ほどして杉山くんから連絡が

 

杉『大阪で飲むなら昔働いていた懐かしい人も呼びましょうよ』と提案が

 

ユ『いいね、誰か連絡つくの?』

 

ユキヒロは杉山くんと後は愛媛にいる先輩夫婦くらいしか連絡がつかず大阪在住の同僚などの連絡先はおろか交流すらないままでした

 

杉『大丈夫ですよK姉弟なら連絡がつくので』

 

K姉弟とは当時働いていたお店に姉弟で勤めていた熊取谷姉弟のことでした

 

ユ『そうかじゃあ連絡してみてよ、そこから少し集まれる人がいればいいんちゃう?』

 

杉『とりあえず連絡を取ってみますね』

 

気軽な気持ちで始まった二人飲み会がそこから急激に加速していくのです!

 

つづく

 

 

at 12:58, Rosso, ユキヒロのひとり言

comments(0), trackbacks(0), - -

ある夏のできごと・・・

みなさんこんにちはユキヒロです

 

ブログも最近放置気味で気付けば今年も半分が過ぎ去って

 

季節は夏を迎えようとしています

 

久々のブログ更新ということで・・・

 

少し張り切ってみました

 

 

 

 

夏といえば・・・

 

夏といえば、そう、怖い話・・・不思議な出来事・・・

 

これはユキヒロが体験した少し不思議な話です・・・

 

あれは、たしか去年のできごとなんですけどね・・・

 

 

その年の夏はやたら暑くて

 

 

わたくしあの〜ジュースを某大型安売り店に買いに行ったんですよ

 

 

そこでわたくしいつものジュースを買ってサーっとレジに並んでいるとですね

 

 

いるんですよ・・・男の人が・・・ひとり・・・

 

 

スゥーっと立っている・・・

 

 

なにをする訳でもなくただそこにいる・・・

 

 

そうだなぁ見た感じの年齢で言うと60代位でしょうか・・・

 

 

野球帽なんかかぶってね、阪神の野球帽を

 

 

普通の男性なんです、その辺にふっといる普通の・・・

 

 

ただね、この男性

 

 

すごく日に焼けている・・・

 

 

真っ黒なんです

 

 

なんだろなぁ〜、外の仕事なんでしょうね

 

 

大変だなぁ〜暑いだろうなぁ〜なんて考えていると

 

 

な〜んか妙なんです・・・

 

 

                  

稲川淳二風ユキヒロ・・・似なかったな・・・

 

 

なんか感じるんです

 

 

鳥肌がぶわっと両腕に立つんです

 

 

えぇ・・・ここの冷房が効きすぎなだけなんですけどね・・・

 

 

なんかやだなぁ〜普通じゃないなぁ〜、と思った時に!

 

 

くるっ!

 

振り返ったその様!

 

 

わたくし思わず「えぇっ!」

 

 

声に出てしまいまして

 

 

その男性

 

 

かぶっていないんです

 

 

野球帽を!

 

 

阪神タイガースの帽子を!

 

 

最初っから帽子なんかかぶってなかったんです

 

 

わたくしの完全な思い違い

 

 

普段仕事で帽子をかぶっているのでしょう

 

 

きっちり帽子の形を残し日に焼けていたんですね〜

 

 

阪神タイガースの帽子の黒いラインだと思っていた所

 

 

 

アレは頭部に残されたわずかな頭髪だったのです

 

 

 

激しく日に焼けていたため残された部分が白に見えていただけでした

 

 

 

 

 

 

 

わたくしその後あの男性に出会うことは二度とありませんでした

 

 

 

あれはいったい何だったんでしょう・・・

 

 

去年の夏に出くわした不思議な出来事(実話)です

 

 

是非皆さんの不思議な出来事もRossoで聞かせてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

at 18:51, Rosso, ユキヒロのひとり言

comments(0), trackbacks(0), - -

今年の桜は早かった

こんにちは4月もいよいよ半ばですねみなさんいかがお過ごしでしょうか

春になると外にお出かけになる機会も多いのではないでしょうか

 

今年は3月からとても暖かい日が続き桜も早く咲き出し

ユキヒロたちも例年より少し早めに和歌山城へ

 

今年もすごくキレイに咲いていました(^^)

 

ゆっくり散歩をしながら

 

桜を楽しみます

 

最近はだんだん『花鳥風月』の『花』の所が分かってきたような・・・

 

和歌山城といえばお約束の動物園

くまのベニーちゃん♀に挨拶を

 

 

といつもなら桜は和歌山城で終わりなのですが

今年は天候も安定していまして雨も降らずでしたので翌週

奈良は吉野へ!実は初めての吉野

道中も『京奈和道路』できたおかげですんなりと2時間ほどで到着

 

山が桜でピンク色、初めて見る景色です

 

 

 

 

普段歩くことの少ないユキヒロたちはわずか2〜30分歩いただけで

膝がガクガクしてしまい冷や汗

運動不足であるということもハッキリと自覚した今年の春でした・・・

 

 

Rosso13周年キャンペーンも只今絶賛実施中でございます

 

RossoHP

 

 

 

 

at 14:04, Rosso, ユキヒロのひとり言

comments(0), trackbacks(0), - -

ハハハの歯

こんにちはまたまた久しぶりのブログなのですが先日こんなことがありました・・・

 

夜食事をしていると

なにやら口の中に違和感が・・・

そっと取り出してみるとみなさんお分かりの通り

 

銀歯でした・・・

(※あまり見せる物でもございませんので画像に特殊な加工を施してあります)

と、まぁいつ治療したかも分からない歯ですので強度がなくなってとれたのでしょう

その日は土曜日でしたので後2日もすればちょうど休日、早めに歯医者さんに行きましょう

 

そして迎える月曜日、予約時間に歯医者さんに行き問診票を書き

いよいよ治療室へ、いくつになっても歯医者さんは苦手です・・・

 

まずは銀歯が外れたことを伝え、それからレントゲンに・・・

そこまでは何も考えずに済んだのですが、先生がそのレントゲンを見ながら

ん、なんだ?思ってた反応とちがう・・・と思っていると

先生がレントゲンを見せながら説明をはじめました

実をいうと極度な恐がりのユキヒロは先生の話など全く耳に入って来ません・・・

さらになんだか意識まで遠のいていくような、いかないような、なんとかその恐怖に耐えていると・・・

 

ハイいただきました『抜きます』のひとこと・・・

 

えっ!?銀歯とれて新しいのはめるだけちゃうんですか?

ん?根元に?なに?膿?骨溶かす?

なんでも以前の治療が完全で無かったのか、歯の根元に膿の袋があるとのことでした

やたら「痛くない?」と聞かれましたが全く痛みはなく

銀歯が外れなければ発見することもなかったでしょう、そう考えると今回はラッキーだったのかも知れません

 

というわけでこれから長くつらい治療に入るわけですが

『Rosso』も年末にかけて忙しくなっていきます、もうすでに12月後半のご予約も結構入ってきていますので

ご予約の方はお早めにお願い致します

ちなみに12月は

4日(月)

11日(月)

18日(月)

31日(日)

がお休みとなっています

 

25日(月)

は通常通り営業いたしますのでよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

at 16:02, Rosso, ユキヒロのひとり言

comments(0), trackbacks(0), - -

世の中の解像度がぐっとあがった!

え〜実は最近本当に視力が落ちてきまして…

今しているメガネ、これ実はダテメガネだったんです…

結構今までだましだまし過ごしてきていたのですが

 

いよいよ映画なども

字幕はまず読めません…

最近の映像美を堪能出来ていないことがとても損な気がして…(もっとはやく気付くべきなのですが)

 

ダテメガネをやめて本当のメガネを!ということで

メガネ屋さんにいきました!

 

なにしろ初めての事なのでスタッフの方に言われるがまま機械の前に座り

 

こんなふうに

 

そしてこういう画像でなにやらピントをあわす?感じの事をして(結局なんなのかわからず…)

 

隣の席に移動

裸眼でコレをやります、実は毎回運転免許の更新のときには

結構カンに頼って検査を受けていまして

コレが

こういう感じにしか見えていません

うっすらと開いている部分を答えるという…

しかし

この斜めパターンになるとさらにややこしく

ほとんど一か八かで答えていて

なんとか両目で0.7をキープ(運転でメガネを掛けずに運転できるギリギリのライン)

 

しかし今回は正確に視力を計ってもらうので

あやふやなのはすべて「分かりません…」と答えることに

 

すると検査をしてくれたスタッフさんが

「視力ですが」

「両目で」

 

「0.1」 ですね、と…

 

お、お、思ってたよりはるかに悪い…

 

ユキヒロへこみましたorz…

 

学生の頃は「2.0」の視力を誇っていたこのボクが…

 

れ、れ、れ、れいてんいち…

 

「0.1」て

 

しかしスタッフさんは冷静に、ではこれを掛けて下さいと

 

手渡されたのが

これ、ん?なんか見たことあるな…

・・・

 

!

 

これは!ア、ア、ア、アナ

 

 

 

 

アナキン!気分はもうポッドレーサー!

 

若干テンションも持ち直し装着!

あれ…なんか間抜け…

で、このメガネ左右のレンズがそれぞれの視力に合わせて入れ替えられるようになっていまして

ふたたび

ちょこちょこレンズを交換しながら適度なレンズ具合を選びます

あまり見えすぎてもしんどいので

両目で「0.7〜0.8」くらいに合わせていただきました

 

さらに左目に乱視があることも分かったのですが

乱視のレンズを入れると下を向いたときに

床がゆがんで見えて気持ち悪いので乱視レンズは無しにしました

 

ダメもとで今しているダテメガネのフレームにレンズを入れてもらえるか聞いたところ

「できますよ」ニコッと言って頂けたので今のメガネにレンズを入れていただきました

料金もとてもリーズナブルにできてよかったです

 

これでハッキリと世の中を見渡すことが出来るようになりました

 

ん?なんですか?鼻?なに?鼻毛?

 

しつれいしました…

これからは鼻毛も良くみえるので鼻毛チェックもかかさずしたいと思います

 

いい鼻毛カッターがあれば教えて下さい。

 

友だち追加

LINEで予約も取れますよ

 

 

 

 

 

 

at 09:56, Rosso, ユキヒロのひとり言

comments(0), trackbacks(0), - -

たまにはプロっぽく

こんにちは、

夏もすっかり過ぎ去って気持ちの良い季節がやってきました

今日はちょっと髪の事書きましょうか

 

最近髪の毛の健康対して意識の高いお客様が増えていらっしゃいます

 

あくまでも増えているというだけで絶対数からするとスキンケアを意識されている方よりも少ないのが現状…

髪の毛って凄く傷むまでその状態に気付きにくく、気付いた頃には『時すでに遅し』状態

 

スキンケアはとても頑張って頂いてるのになぜか髪の毛になると『これくらいでいいわ』的な考えになる方もいらっしゃいます

そこで肌を髪の毛に置き換えて考えてみましょう!

 

その前に肌と髪の毛の仕組みを簡単に説明します

 

肌はおよそ28日周期でターンオーバーして新しい肌に生まれ変わり健康な状態が保たれます

しかし何らかの理由(ストレスや生活習慣の乱れ、もちろん加齢もその原因に入ります)でその周期が乱れ

肌荒れ、ざらつき、シミ、しわ、になりやすくなります(見た目や手触りなどでわかりやすい)

ですのでそうなるのを防ぐためにみなさんは日々スキンケアを気にされているのだと思います

次に、髪の毛は肌のようにターンオーバーしません、ですので頭皮(毛穴)から新しい髪が生まれてどんどん

下から押し上げられて長くなっていきます(植物ではないので毛先が伸びるのではありません)

と言うことは髪の古い部分、肌でいうターンオーバーする部分は物理的に(カット)なくさない限りそこにあり続けます

しかもそこにカラーやパーマ(縮毛矯正など)を施術するのです!(肌でいうと日焼けや軽い擦り傷かな?)

なのでお手入れをおろそかにすると、弱くもろい毛先は傷んだまま(切れ毛、枝毛)になってしまいます

当然今は傷んでいなくても今後傷む可能性がもっとも高い場所でもあります

しかし悲しいかな肌の変化よりも気付きにくく、また少々気付いても何となくスルーされている方も多いのではないでしょうか?


そこで、もしこの髪のように肌がターンオーバーしなくなり古い肌がどんどん積み重なりお手入れもあまりしない状態ですと

どうなるのか簡単なイラストで…

こういうかんじに肌の上に古い肌が下から重なって行き


こうなるのでしょうか?なんかひび割れてこわいですね〜

ターンオーバーしないので古い肌がどんどん重なっていき、一度傷めると治ることもなく

数ヶ月一度古い表面の肌を削らなくてはならない(まぁそういう意味では彫刻的にいろんなお顔を作れそうでそれはそれで楽しいかも…)

実際髪の毛はこのような仕組みになっていますのでだいたいは間違ってはいないとおもいます

イラストのヒビが入っている部分が髪の先端(毛先)だと思ってください

 

こうするとわかりやすいでしょうか?

肌は新しいくなっていくと古い部分は垢となって取れていきますが

髪は取れる事がないので古い状態のまま毛先に残っていきます

 

肌をキレイに保つこと、それはもちろんとても大切なことです

でもそれと同じくらい髪にも気を使ってあげるということも覚えておいていただけると

 

5年後10年後、いや20年後、トータルで美しい状態が保たれるのではないでしょうか

 

 

 

RossoのLINEができましたご登録いただくとメッセージにて予約をお取りすることができます

友だち追加

at 14:00, Rosso, ユキヒロのひとり言

comments(0), trackbacks(0), - -

こんなブログもたまにはいいかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャーン!!

 

 


キジトラが女の子で『チョコ』ベージュトラが男の子で『チップ』

二匹合わせて『チョコチップ』です

これから本格的な暑さがやってきますがバテないようにがんばっていきましょう!

 

たまにはこんなブログもいいかな?

 

 

 

at 18:15, Rosso, ユキヒロのひとり言

comments(0), trackbacks(0), - -