<< 久々に映画 | main | アルキルカチオンコンプレックス、GMT >>

お久しぶりです、Rossoです

いやーお久しぶりでございます
およそ半年も放置してしまいましたね、皆さんいかがお過ごしでしょうか

Rossoはといいますとこの半年いつもの様に忙しいときもあればのんびりした日もあり
いろんな毎日を送っていました

最近は来年のRosso10周年に向けていろいろな準備にとりかかっております

 新しいRossoのメニューを作りたいと思いまして
新しい商材を購入しいろいろ試しているところでございます

新処理剤アルキルカチオンコンプレックス
なんか舌を噛みそうな名前ですが、これな〜に?
簡単に説明しますと

プラスの電子をたくさん持った高分子の物をカチオン性高分子、マイナスの電子をたくさん持った高分子をアニオン性高分子といい、この2つを毛髪の上で重ね合わせるとコンプレックスというイオン結合が起こり毛髪の上に強力な皮膜を形成します
このコンプレックスがダメージした毛髪を保護し手触りやツヤ感を生み出します
シリコンなどと違い非常に安全性の高い処理となります

いままでもRossoでは色んな処理剤を使い(今もしっかり使っています)施術をしてきましたが
全てのお客様に対応出来ているか?というとなかなかそうでもない場合も正直ありました
そこは処理剤の濃度や薬剤技術でカバー出来ると信じてやってきたのですが
やはりどうしても無理な部分も出てきましたので今回新しい世界に飛び込んでみました

この処理剤以外にも

新しい縮毛矯正の薬剤も入りました、その名もGMT!
そうです、あのヤンキー先生のドラマでもありましたよね・・・ってそりゃGTO
(Gしか合ってないし・・・)
GMT(グリセリン・モノ・チオクリコレート)といいまして
酸性の領域でパーマがかけられる画期的な薬剤です、これによって非常にダメージが少なく安全に施術することが出来るということと、最近はパーマ、カラーリング、縮毛矯正など
一人のお客様の毛髪に複数の施術の履歴があることが多くなってきました、こういったお客様に対する施術や今後複数の施術を繰り返しても極力毛髪の体力を残すことを目的に
安全性の高いそしてよい結果が出せる薬剤としてこのGMTをRossoでは使用していきたいと思います(もちろん毛質などで様々な薬剤の使い分けはいたします)

早速実験をいたしました
モデルはカヨコさんになってもらいました

半年以上前に縮毛矯正と毛先にデジタルパーマを同日に施術しています
毛先はカットしてあるのでパーマの部分はほぼ無くなっています
伸びた部分が癖毛になっています
後毎月根元をカラーリングしています(これが先ほど言いました複数の施術の履歴ですね)

前処理、中間処理をアルキルカチオンコンプレックスで行い
縮毛矯正&デジタルパーマの薬液はGMTで施術しました


施術後、カヨコさんの毛はあまり強い方ではなくダメージも進行していましたが
とてもやわらかく、毛先のパーマもしっかりとかかりました手触りもよく続けて使用していくにも不安感の少ないお薬&処理剤だと思います

使い始めでまだまだ勉強の余地もたくさんありますが、メニュー化に向けて
すすめて行こうと思います











at 15:25, Rosso, Rossoの事

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://hairsalon.rosso1.com/trackback/101