<< 夏休み | main | 12月ですよ! >>

たまにはプロっぽく

こんにちは、

夏もすっかり過ぎ去って気持ちの良い季節がやってきました

今日はちょっと髪の事書きましょうか

 

最近髪の毛の健康対して意識の高いお客様が増えていらっしゃいます

 

あくまでも増えているというだけで絶対数からするとスキンケアを意識されている方よりも少ないのが現状…

髪の毛って凄く傷むまでその状態に気付きにくく、気付いた頃には『時すでに遅し』状態

 

スキンケアはとても頑張って頂いてるのになぜか髪の毛になると『これくらいでいいわ』的な考えになる方もいらっしゃいます

そこで肌を髪の毛に置き換えて考えてみましょう!

 

その前に肌と髪の毛の仕組みを簡単に説明します

 

肌はおよそ28日周期でターンオーバーして新しい肌に生まれ変わり健康な状態が保たれます

しかし何らかの理由(ストレスや生活習慣の乱れ、もちろん加齢もその原因に入ります)でその周期が乱れ

肌荒れ、ざらつき、シミ、しわ、になりやすくなります(見た目や手触りなどでわかりやすい)

ですのでそうなるのを防ぐためにみなさんは日々スキンケアを気にされているのだと思います

次に、髪の毛は肌のようにターンオーバーしません、ですので頭皮(毛穴)から新しい髪が生まれてどんどん

下から押し上げられて長くなっていきます(植物ではないので毛先が伸びるのではありません)

と言うことは髪の古い部分、肌でいうターンオーバーする部分は物理的に(カット)なくさない限りそこにあり続けます

しかもそこにカラーやパーマ(縮毛矯正など)を施術するのです!(肌でいうと日焼けや軽い擦り傷かな?)

なのでお手入れをおろそかにすると、弱くもろい毛先は傷んだまま(切れ毛、枝毛)になってしまいます

当然今は傷んでいなくても今後傷む可能性がもっとも高い場所でもあります

しかし悲しいかな肌の変化よりも気付きにくく、また少々気付いても何となくスルーされている方も多いのではないでしょうか?


そこで、もしこの髪のように肌がターンオーバーしなくなり古い肌がどんどん積み重なりお手入れもあまりしない状態ですと

どうなるのか簡単なイラストで…

こういうかんじに肌の上に古い肌が下から重なって行き


こうなるのでしょうか?なんかひび割れてこわいですね〜

ターンオーバーしないので古い肌がどんどん重なっていき、一度傷めると治ることもなく

数ヶ月一度古い表面の肌を削らなくてはならない(まぁそういう意味では彫刻的にいろんなお顔を作れそうでそれはそれで楽しいかも…)

実際髪の毛はこのような仕組みになっていますのでだいたいは間違ってはいないとおもいます

イラストのヒビが入っている部分が髪の先端(毛先)だと思ってください

 

こうするとわかりやすいでしょうか?

肌は新しいくなっていくと古い部分は垢となって取れていきますが

髪は取れる事がないので古い状態のまま毛先に残っていきます

 

肌をキレイに保つこと、それはもちろんとても大切なことです

でもそれと同じくらい髪にも気を使ってあげるということも覚えておいていただけると

 

5年後10年後、いや20年後、トータルで美しい状態が保たれるのではないでしょうか

 

 

 

RossoのLINEができましたご登録いただくとメッセージにて予約をお取りすることができます

友だち追加

at 14:00, Rosso, ユキヒロのひとり言

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://hairsalon.rosso1.com/trackback/132